『日本ソムリエ協会教本2016年版』のイタリアのぶどう品種栽培面積に不備

『日本ソムリエ協会教本2016年版』のイタリアのぶどう品種栽培面積に不備があったので協会に報告しました。

『日本ソムリエ協会教本2016年版』 p.190 にぶどう品種の栽培面積が載っていますが、黒ぶどう品種 Cannonau の栽培面積は Syrah と Cabernet Franc の間になります。
(イタリアの品種リストで Cannonau, Alicante, Tocai Rosso は個々に登録され、統計でもそれぞれの栽培面積が出されていますが同一品種なので栽培面積を合計する必要があります。)

白ぶどう品種の Vermentino も同一品種の Favorita, Pigato の栽培面積を合計すると 5,045 ha になるので Trebbiano Abruzzese の次になります。

また、黒ぶどう品種のリストから 2,572 ha の Uva di Troia が抜けています。

posted : 2016-10-25 | category : 日本ソムリエ協会教本2016年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking