Cava は「特定の原産地の名称」

『日本ソムリエ協会教本2016年版』のスペインの章の間違いを協会に報告しました。

『日本ソムリエ協会教本2016年版』p.266 のビノス・デ・パゴの説明にある「限定された面積の単一のブドウ畑で栽培、収穫されたブドウのみから造られるワインに認められる原産地呼称」と言う箇所は間違っているので訂正したほうが良いと思います。
ぶどう畑は道や川、林などで分断されて、幾つかに分かれていることもあるようです。

http://www.magrama.gob.es/es/alimentacion/temas/calidad-agroalimentaria/Pago_de_Ar%C3%ADnzano_tcm7-217360.pdf

https://www.google.co.jp/maps/place/Propiedad+de+Ar%C3%ADnzano/@42.631084,-2.0027007,2430m/data=!3m1!1e3!4m5!3m4!1s0xd5070a20e0b813d:0x8a8f6d6dc880feb1!8m2!3d42.631084!4d-1.993946

p.267 のカバD.O.の説明に「カバ(Cava)は二次発酵を瓶内で行う製法により生産されるスパークリングワインのD.O.だが、この名前はカタルーニャ語の「洞窟」を意味し、特定の原産地の名称ではない。」と書かれていますが、Cava は「特定の原産地の名称」なので文章を訂正したほうが良いと思います。

Cava と言う名称は、Cava が Denominación de Origen として認められたときから「特定の原産地の名称」になったのですし、産地名だからこそ EU でも DOP(保護された原産地名称)として認められているのだと思います。

p.263 に「スペインの2014年のワイン用ブドウ栽培面積は、957,573haで」と書かれていますが、「2014年」と言うのは出鱈目で、957,573 ha は2013年7月31日時点(ワインイヤーで言うところの2012年8月1日から2013年7月31日)のデータです。

参考ページ : スペイン 2015年版教本

posted : 2016-11-03 | category : 日本ソムリエ協会教本2016年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking