ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの熟成規定

『日本ソムリエ協会教本2016年版』に載っているブルネッロ・ディ・モンタルチーノの熟成規定がおかしいので協会に問い合わせてみました。

『日本ソムリエ協会教本2016年版』p.221 に載っているブルネッロ・ディ・モンタルチーノの熟成規定に、「リゼルヴァは62カ月以上(うち木樽熟成2年、瓶内熟成6カ月)が義務づけられている。」と書かれていますが、DOCG Brunello di Montalcino の仕様書に「62ヶ月」とは一言も出てきません。

担当されたテキスト編集委員が出鱈目を書いているのではないのでしょうか?

Il vino a denominazione di origine controllata e garantita “Brunello di Montalcino” può portare come qualificazione la menzione “Riserva” se immesso al consumo successivamente al 1° gennaio dell’anno successivo al termine di sei anni, calcolati considerando l’annata della vendemmia, fermi restando i minimi di due anni di affinamento in contenitori di rovere e di sei mesi in bottiglia.

posted : 2016-12-19 | category : 日本ソムリエ協会教本2016年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking