『日本ソムリエ協会教本』テキスト編集委員の責任

2016年度教本 正誤表で田崎会長は教本の間違いを認め、以後、このようなことが続きませぬよう対策を講じてまいります と発言されています。

今まで、テキスト編集委員はコピペで教本を作り上げ、教本の内容(正しいかどうか)については無頓着でしたが、田崎会長の言葉を真摯に受け止めるなら、2017年版教本では間違っている箇所の訂正に全力で取り組むと思います。

教本の読者に「正しい知識、最新の情報」を伝えたいという心をテキスト編集委員が持っていれば、2017年版教本はきっと素晴らしいものになるでしょう。

レコール・デュ・ヴァン講師の篠原さんに ソムリエ教本の間違いの多さは、ギネス級 と言われるようでは情けないですしね。

-

2016年版教本の間違いを幾つか協会に報告していますが、協会からの返答は ご指摘箇所につきましては、精査検討のうえ次年度版教本に反映させていただきます。 と言うもので、ホームページでの公表はされないようです。

posted : 2017-01-02 | category : 日本ソムリエ協会教本, 雑記

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking