『日本ソムリエ協会教本』2017年版のギリシャの章

『日本ソムリエ協会教本』2017年版のギリシャの章 p.393 で、Greek Wine Brochure in Japanese by Dionyssios Protopapas から転載した地図が使われていますが、手を抜いて内容の確認もせずそのままコピペしているので、間違いが訂正されずに載っています。

注 : 今日からギリシャワイン 講座レポート(PDF) - 田辺由美 からのコピペかも知れませんが……。

地図に載っている PDO に番号を振っていったら35あったので 35のPDOが認められている と p.392 に書かれているのだと思いますが、9番の Vinsanto が PDO でないことに気付かないのは酷いと思います。

14番の Kalambaki Lemnos も PDO でないと思います。

Kalambaki Lemnos と言う名称はググっても全く見つけることができませんが何処から来ているのでしょう?Kalambaki は主にマケドニアで栽培されている黒ぶどう品種の Limnio のシノニムでもあるようですが……。

29番の Handakas-Candia は Χάνδακας-Candia の間違いです。

Χάνδακας の英語表記が Candia で、ギリシャ語での産地名(Χάνδακας)と英語表記での産地名(Candia)を並べて Χάνδακας-Candia という産地名になっています。

また、クレタには Malvasia Χάνδακας-Candia と言う産地があって、PDO の数は全部で33になると思います。

-

4番の Côtes de Meliton はフランス語表記なのに、11番の Muscat of Rhodes は英語表記になっているので、どちらかに統一したほうが良いと思います。

追記 : 協会に間違いを報告したので「2018年版教本」で訂正されるか、ホームページの正誤表に載ると思います。

posted : 2017-03-29 | category : 日本ソムリエ協会教本2017年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking