オーストラリア 2015年版教本

『日本ソムリエ協会教本2015年版』 p.427 でオーストラリアの「主なブドウ品種」について、栽培されているブドウは、オーストラリア現地で開発された交配品種を除き、すべてヨーロッパから移植されたもの と書かれていますが、p.428 のぶどう品種の表に載っている Ruby Cabernet はアメリカで生み出された品種です。

オーストラリアで栽培されている Zinfandel のクローンの多くもアメリカから持ち込まれたものだと思います。

p.428 の [2012年ブドウ栽培面積とワイン用ブドウ生産量] のデータは、2014年版教本で [2011年ブドウ栽培面積とワイン用ブドウ生産量] とされていたのものと同じです。

注 : 教本では ABS の Vineyards Estimates, Australia, 2011-12 のデータを使っていて、2014年教本では「2011年」、2015年版では「2012年」と表示しています。

p.429 の〈ブドウ品種の表示〉に、複数のブドウ品種が使用されている場合、原則的には全ての品種を多い順に記載することとなっているが、下記にあてはまる場合は、これが優先される。 と書かれ、以下の記述があるのですが出典を見つけることができません。教本に書かれていることは正しいのでしょうか?

[オーストラリアワイン州別栽培面積及び生産量(2012年実績)] のデータも、2014年版教本で [オーストラリアワイン州別栽培面積及び生産量(2011年実績)] とされていたのものと同じです

p.431-432 の Great Southern の説明に、小地区としては、アルバニー(Albany)、デンマーク(Denmark)、フランクランド・リバー(Frankland River)、マウント・バーカー(Mount Barker)、ポロングラップ(Porongurup)があり、それぞれ地理的呼称の登録申請を行い、すでに登録済みの地区もある。 と書かれていますが、5地区とも GI として登録済みで、一番新しい GI Denmark は2003年には GI になっていたようです。

p.432 の Manjimup の説明に、気候は西海岸と隣接する東海岸の影響を受け と書かれていますが、隣接する「東海岸」は何処にあるのでしょう?

p,433 の Barossa Valley の「ブドウ栽培」の説明に、世界でも最古の部類に入る高樹齢のブドウ樹が豊富に存在する。これらは伝統的にブッシュヴァイン(ゴブレ式=ヘッド・プルーニング)と呼んでいる「株仕立て」の方法がとられ、灌漑しないドライファーミングで育てられている。 と書かれていますが、GI Barossa Valley の灌漑面積はかなりあるようです。

Vineyards Estimates, Australia, 2014-15
  • Total area : 9,310.4 ha
  • Spray or Sprinkler (excluding micro spray) : 31.3 ha
  • Drip or Micro spray : 8,711.7 ha
  • Other : 1.6 ha
  • Method not reported : 81.2 ha

p.434 の Eden Valley の説明に、イーデン・ヴァレーのワインは、冷涼な気候や古代の土壌、遅熟の栽培環境によって生まれ と書かれていますが、「古代の土壌」とはどのような土壌なのでしょう?

p.435 の Adelaide Hills の「概要」に、バロッサ、イーデン、クレアの各ヴァレーが州都アデレードの北に位置するのに対して、アデレード・ヒルズは、南方に位置する。 と書かれていますが、GI Adelaide Hills の生産区域は州都アデレードの東に位置しているように思えます。

また、南部、東部、西部の境界線は400mの等高線で、北部にはマウント・ロフティー・レーンジズ(Mount Lofty Ranges)がある。 と書かれていますが、GI Adelaide Hills の生産区域の境界線に、等高線で定義されたものはひとつもないようです。

参考ページ : Adelaide Hills : GI Textual Description

p.437 の Langhorne Creek の説明に、南風は、通常日中の気温を下げると同時に、日照時間を短くするため、夏の気温は低くなるが、その反面、湿度が上がる。 と書かれていますが、南風が日照時間を短くすることはないと思います。

p.438 の Kangaroo Island の説明に、夏の平均気温は25℃で、アデレードよりもかなり涼しく と書かれていますが、「25℃」というのは最高気温の平均値だと思います。

p.439 のビクトリア州の説明に、現在では16地区に400を超えるワイナリーがある。 と書かれていますが、現在ではワイナリーの数は800ほどあるようです。

また、ビクトリア州には20の地区(Rigion)があるのですが、4地区にはワイナリーがないと解釈すればいいのでしょうか?

p.443 の Mudgee の説明に、マジーとは、昔この地域に住んでいた原住民のアボリジニの言葉で「丘のある巣」という意味 と書かれていますが、訳し間違えたのではと思います。

"Mudgee" is an aboriginal word meaning "nest in the hills".

p.444 の Tumbarumba の説明に、タンバランバは、オーストラリアで最も遠隔地にある生産地のひとつで と書かれていますが、何処から何キロメートル離れているのでしょう。

p.445 でタスマニア州の「ワインの特徴」について、最大のワイン産地である、ランセストン近郊、テイマー川流域の「テイマー・ヴァレー」は、ワイン生産量の5割を占める。 と書かれていますが、Tamar Valley の栽培面積は州の3分の1ほどで、収量も4割前後のようです。

p.446 の酒精強化ワインの説明に、リキュール・トカイは「トパーク(Topaque)」に変更。リキュールのカテゴリーは、「リキュール・マスカット」と合わせ、ラザグレン(Rutherglen)、クラシック(Classic)、グランド(Grand)、レア(Rare)の4等級が生産されている。 と書かれていますが、Rutherglen はビクトリア州にあるワイン産地の名称で、GI にも指定されています。GI は等級にはならないと思います。

posted : 2016-01-26 | category : 日本ソムリエ協会教本2015年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking