呼称資格認定試験(第二次) テイスティング

ワイン@2ch掲示板の「ソムリエ、WE、WA認定試験 *限目」はよく覗いているのですが、今は二次試験のテイスティングについて盛り上がっています。

毎年、2ch への投稿を読んでいて思うのですが、各地の試験会場の異なる条件下でのテイスティング・コメントを一律に評価できるものなのでしょうか?

会場によって照明が異なるだけでなく、ワインの提供温度や抜栓してからの時間もバラバラではテイスティング・コメントも変わってくると思います。同一人物でも照明によってワインの色は違って見えるでしょうし、味わい(甘味、酸味、タンニンなど)はワインの提供温度でかなり変わるのではないでしょうか。

また、試験に使われるワインがバレないように1銘柄のワインをいくつかの店から購入しているということをブログで読んだことがあるのですが、流通過程が異なり保存温度も違っていれば同一銘柄のワインでも味や香りは異なってくると思います。

二次試験の採点者がテイスティングしたワインと同じ店から購入されたワインに当たって、採点者とテイスティング環境(照明、室温等)やワインの温度が近い人は運がいいのでしょう。

-

第123回 2015年度の二次試験を振り返る 7 : ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ」も参考になると思います。

posted : 2015-10-28 | category : ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験

Comment

  1. katabami より:

    これはテストコメントです。
    コメントはこのように表示されます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking