ワインエキスパート試験の奇問!!!

今年のワインエキスパート試験の問題にスロヴェニアの品質分類を問うものがでたようですが、問題を作った人は何を考えているのでしょう?!

答えは「保護された原産地名称」の英語表記である Protected Designation of Origin (PDO) になるようですが、これはスロヴェニア・ワインの問題なのでしょうか?

ちなみに、『日本ソムリエ協会教本2016年版』p.372 の I.G.P. は「保護された地理的表示」のフランス語表記である Indication Géographique Protégée (IGP) のことだと思います。

イタリア語やスペイン語表記でも IGP ですが…。

posted : 2016-08-22 | category : ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験, 日本ソムリエ協会教本2016年版

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking