ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験「問題番号62番」に不備

今年のソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験「問題番号62番」のカナダワインの問題では3番の 30年から40年前まではヴィティス・ラブルスカ種とフランス系との交配種を主に使っていた という記述が正解になっているのですが、2002年版教本 p.323 で以下のように書かれているので、2016年現在では「30年から40年前」と言うのは間違いになると思います。

30年〜40年前まではヴィティス・ラブルスカ種とフランス系との交配種を主に使っての地元消費用の甘口ワイン造りが主流であった。

1999年版教本 p.479 では以下のように書かれていましたが、ヴィティス・ラブルスカ種とフランス系との交配種が主に使われていたのは実際には何年前になるのでしょう?

30年〜40年前まではヴィティス・ラブルスカ種を使っての地元消費用の甘口ワイン造りが主流であった。

posted : 2016-09-28 | category : ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験, 日本ソムリエ協会教本

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

« »
recent comments
categories
memo
books
ranking