「教本の間違い」について日本ソムリエ協会は答えてくれるのか?

日本ソムリエ協会には問い合わせ窓口(お問合せフォーム)があり、電話やメールで質問に答えてくれるようですが、ワインアドバイザー虎の穴 『Q』のロベールさんと協会とのやり取りが面白いので取り上げてみました。もう、3年も前のことですが…。

イタリアDOCG:Cesanese del Piglio チェザネーゼ・デル・ピリオの味わいのタイプは?

チェザネーゼ・デル・ピリオにつきましては、P258の一覧表の記述が正しく、ワイン法上、辛口だけでなく中甘口や甘口も認められています。またフリザンテやスプマンテといったタイプもワイン法上は認められています。

ただ、実際に市場に出回っているのは辛口がほとんどであり、P256のような記述になったようです。

(続)イタリアDOCG:Cesanese del Piglio チェザネーゼ・デル・ピリオの味わいのタイプは?

(続・続)イタリアDOCG:Cesanese del Piglio チェザネーゼ・デル・ピリオの味わいのタイプは?

このDOCGは、昇格後に3回、規定の変更があり、当初は表記のようなタイプがありましたが、現在は仰るように辛口のみの規定になっているようです。

イタリアはDOCG昇格後であっても、規定の変更が時々あり、(今回の間違いは)変更に気付かず、そのままになってしまっていたようです。

-

協会では質問に丁寧に答えてくれるようですが、正しい答えが帰ってくるとは限らないようです。

DISCIPLINARE DI PRODUZIONE DEI VINI A DENOMINAZIONE DI ORIGINE CONTROLLATA E GARANTITA
«CESANESE DEL PIGLIO» O «PIGLIO»

Approvato DOC con DPR 29.05.1973 G.U. 216 - 22.08.1973
Approvato DOCG con DM 01.08.2008 G.U. 192 - 18.08.2008
Modificato con DM 27.07.2009 G.U. 186 - 12.08.2009
Modificato con DM 17.09.2009 G.U. 220 - 22.09.2009
Modificato con DM 30.11.2011 G.U. 295 - 20.12.2011
Pubblicato sul sito ufficiale del Mipaaf Sezione Qualità e Sicurezza - Vini DOP e IGP
Modificato con DM 07.03.2014 Pubblicato sul sito ufficiale del Mipaaf Sezione Qualità e Sicurezza - Vini DOP e IGP

2009年7月27日の変更は官報「G.U. 186 - 12.08.2009」に載っているのですが「ワインが販売可能になる日」の修正、2009年9月17日の変更は「ぶどう品種の規定に関する記述」の間違いを修正、2011年11月30日は DOP としての承認に関するものだと思います。

Cesanese del Piglio が DOCG として認められた時点で辛口のみだったことは「G.U. 192 - 18.08.2008」で確認すれば分かることなのですが…。

posted : 2016-01-05 | category : 日本ソムリエ協会教本

Comment

« »
recent comments
categories
ranking