「ワインな ささやき」というブログ

「ワインな ささやき」というブログの「魅惑のワイン産地Maury@Roussillon」に書かれていることがあまりにも酷いので取り上げてみました。

ルーシヨン地方(Pyrénées-Orientales)の説明で、気候は地中海性気候で、23種類のブドウ品種が栽培されています。そのうち15品種がAOCで認められています。 と書かれています。「23種類のブドウ品種」というのは間違いだと誰が読んでも気付くと思うのですが、どこから「23」という数がでてきたのでしょう?

注 : 特定の地域や地区で栽培されているぶどうが何品種あるのか特定することは困難ですし、「23」という数が少な過ぎることに普通は気付く筈なのですが…。

また、ルーシヨン地方の AOC で認められているぶどう品種は 15 より多くあります。

ワイン産地(AOC)について、ルション地方には14のAOC(AOP)と3のIGPがあり、さまざまなタイプのワインがつくられていますが、特徴的なのはアルコール度の高い天然甘口ワイン(Vins Doux Naturels、VDN)で、5つのAOCがあります。 と書かれていますが、AOC の数は AOC Languedoc を入れても 10 しかないと思います。

VDN の AOC には AOC Grand Roussillon もあるので6つになると思います。

AOP Vins Doux Naturels Maury は AOP Maury Doux に名称変更 と書かれていますが、Maury Doux という AOP はありません。AOP として認められている名称は「Maury」だけです。

E-BACCHUS で確認すれば、Maury Doux や Maury Sec という AOP がないことが分かると思います。

AOC (AOP) Maury の赤ワインはラベルに「Sec」と表示しないといけないので Maury Sec と言っているだけで、AOC (AOP) の名称が Maury Sec になる訳ではありません。

AD

楽天市場

posted 2016-04-20

https://twitter.com/katabamiinfo