教本に使われているデータが載っているサイトを発見

『日本ソムリエ協会教本』で使われているハンガリーのデータが2015年版で更新されていたのですが、データ元と思われるサイト(A VIDÉK PORTÁLJA! Falusi turizmus, Online szállásfoglalás, SZÉP Kártya)を発見しました。

他にも同じデータが使われているサイトがあるのですが、Badacsony, Balatonfüred-Csopak, Balatonfelvidék, Balatonmellék, Dél-Balaton の栽培面積は2001年のデータになるようです。

注 : 教本では Dél-Balaton の栽培面積が 2,820 ha になっていますが、2,820 ha というのは Balatonboglár の栽培面積です。

教本で使われている Tokaj の 6,500 ha という数値は1999年版教本でも使われていたものですが、他の地域の栽培面積は何年のデータが使われているのか分かりません。テキスト編集委員は同じ年のデータでなくても良いと思っているようです。

また、主な品種として載っているぶどう品種の中には主要とは言えないものも含まれているので注意が必要です。

参考ページ : ハンガリー 2015年版教本

AD

楽天市場

posted 教本に使われているデータが載っているサイトを発見

https://twitter.com/katabamiinfo