ワインスクールの講師は大変だ!!

ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格の試験対策講座はワインスクールの経営上重要なものだと思いますが、担当する講師の大変さは並々ならぬものがあると思います。

試験問題は『日本ソムリエ協会教本』から出題されるので、教本に書かれていることを教える必要がありますが、ワインスクールで出鱈目を教える訳にはいかないので、教本の間違いを訂正しながらの授業になり、講師の負担は大きいと思います。

例えば、ソルビン酸の許容量は 0.20 g/kg ですが、今年(2016年)の教本 p.527 では 0.25 g/kg になっているので、試験の為に 0.25 g/kg で憶えるように教えたり…。

ギリシャのワイン法では教本に載っている「旧分類での説明」だけでなく新しいルールを教えたり…。

今年は正誤表で Valles del Famatina がアルゼンチンの DOC から削除されたので、DO ではなく DOC ということだけ教えればよくなり、ほんの僅かですが講師の負担は減っていますが…。(参考ページ : アルゼンチン 2015年版教本

AD

楽天市場

posted 2016-08-05

https://twitter.com/katabamiinfo