PDO - Protected Designation of Origin

欧州連合(EU)加盟国のワイン産地は「産地名」を使ってワインを販売するために Protected Designation of Origin か Protected Geographical Indication として認められる必要があります。

Protected Designation of Origin を日本語に訳すと「保護された原産地名称」となり、該当する「産地名」が EU で保護されていることをあらわしています。

PDO として認められるには、造られるワインの特性が産地の自然および人的要因を含む地理的環境に起因していて、その産地内で収穫されたぶどうのみでワインが造られる必要があります。

たとえばフランスの AOC、イタリアの DOCG, DOC、ドイツの Bestimmten Anbaugebiete〈ベシュティムテン・アンバウゲビーテ〉として認められたワイン産地が PDO に該当しますが、AOC として認められているから PDO(フランス語で AOP)だという訳ではなく、改めて PDO として認められる必要があります。

ラベル表示

PDO として認められたワイン産地のワインはラベルに「産地名」と共に Protected Designation of Origin という用語を表示して、その「産地名」が PDO として認められていることをあらわす必要があります。

たとえば、フランスで AOC として認められ、EUAOP として認められているワイン産地 Beaujolais であれば、産地名「Beaujolais」と共に「Appellation d'Origine Protégée」という用語を表示することになります。

註 : フランスの場合、基本的には産地名と共に表示されるのは「Appellation d'Origine Protégée」という用語ですが、「Appellation d'Origine Contrôlée」や「Appellation Beaujolais Contrôlée」の表示で代替することが許されています。(間接的にそのワイン産地が AOP として認められていることが分かるので……)

link

AD

楽天市場

posted 2020-05-14, update 2020-06-28

Index

https://twitter.com/katabamiinfo